交付事業平成29年度

平成29年度 活動支援金交付事業内容 (5団体,11事業)
1  
事業名 HIV陽性者等の相談・支援活動
団体名 BASE KOBE
実施時期 平成29年4月1日~平成30年3月31日
実施場所 各所
事業概要

HIV陽性者を対象に、メール・電話・面談による個別相談を行い、
必要に応じ公的機関や病院等に同伴するなどの支援を行った。
29年度は、延522回の相談を受けた。

【メール・電話・面談の件数内訳】
・生活の困窮 244回
・人間関係 188回
・薬物 38回
・陽性者のセックス 11回
・PWH(HIV感染者)の友達等の紹介 5回
・治療・薬剤・入院・退院 36回

事業収支 収入 支出
項目 金額(円) 項目 金額(円)

自己資金

活動支援金

2,539

170,000

消耗品費

通信費

交通費

会場費

3,980

104,019

52,840

11,700

172,539 172,539
2  
事業名 啓発リーフレットの増刷
団体名 BASE KOBE
実施時期 平成29年4月1日~平成30年3月31日
実施場所 市内各所
事業概要 HIVに関する予防・支援に関する情報の
リーフレット(2種類)を増刷し、
県立高校の全校生徒及び保護者を対象とした
人権講演会で配布するとともにイベントでも配布の予定。
事業収支 収入 支出
項目 金額(円) 項目 金額(円)

自己資金

活動支援金

1,579

30,000

印刷費

 

31,579

 

31,579 31,579
3  
事業名 HIV陽性者のピア・サポートグループ「コパン」の運営
団体名 BASE KOBE
実施時期 平成29年4月1日~平成30年3月31日
実施場所 神戸の事務所を中心に開催
事業概要

毎月定例会を開催し、HIV陽性者の各人の心の安定と、
ネットワークづくりを行った。

【29年度開催実績 12回・延106名】

事業収支 収入 支出
項目 金額(円) 項目 金額(円)

自己資金

活動支援金

1,908

70,000

謝礼

消耗品費

交通費

会場費

24,000

13,900

17,160

16,848

71,908 71,908
4  
事業名 書籍購入
団体名 BASE KOBE
実施時期 平成29年4月1日~平成30年3月31日
実施場所 BASE KOBE事務所
事業概要 書籍購入による知識の向上
・購入書籍 25冊
・購入金額 30,224円
・購入した書籍で、メンバー対象の勉強会を開催。
書籍は、貸し出し可。
事業収支 収入 支出
項目 金額(円) 項目 金額(円)

自己資金

活動支援金

244

30,000

書籍代

 

30,244

 

30,224 30,224
5  
事業名 シェルターを活用したHIV陽性者等の生活安定・自立支援
団体名 ともいきネット
実施時期 平成29年4月1日~平成30年3月31日
実施場所 中央区多聞通1丁目 ハイツ神戸3階(2部屋を借り上げ)
事業概要

シェルター入居の若者等の生活支援、生活保護等の申請と同伴等、自立支援を行った。

【部屋の概要】
・事務局 313号室:各種相談、ミーティング、DVD上映会などに利用。
・談話室(和室) 312号室:シェルターとして利用。
ミーティング、DVD上映会としても利用可。

【29年度実績】
・要支援者の宿泊利用者 4名(うちHIV陽性者は無し)
・宿泊利用日数 延31日

事業収支 収入 支出
項目 金額(円) 項目 金額(円)

自己資金

活動支援金

209,609

230,000

家賃

光熱費

消耗品費

388,800

33,862

16,947

439,609 439,609
6  
事業名 市民啓発グッズの作成
団体名 ともいきネット
実施時期 平成29年4月1日~平成30年3月31日
実施場所 ともいきネット事務所
事業概要

啓発用のピンバッジの作成(500個)

講演会、研修会、その他啓発活動で配布

事業収支 収入 支出
項目 金額(円) 項目 金額(円)

自己資金

活動支援金

44,912

70,000

資材費

雑費

114,480

432

114,912 114,912
7  
事業名 HIV陽性者、性的少数者と市民の交流会「虹茶房」の事業継続
団体名 ふれんどりーKOBE
実施時期 平成29年4月1日~平成30年3月31日
実施場所 神戸、大阪
事業概要

1.虹茶房

MSMを含むLGBTコミュニティの創出と維持、
活性化を目的に継続実施。
神戸では、三ノ宮の飲食店の協力を得て開催。
SNSを中心に広報活動を積極的に行い、
前年に比べ参加者は増加。また、
日本有数のLGBTコミュニティがある大阪でも、
その約3割が神戸方面在住と言われており、
大阪の民間団体の協力を得て開催。

・開催回数:24回(神戸12回、大阪12回)
・参加人数:神戸約150名、大阪約250名

2.Joooynt!!(ジョイント)

虹茶房のサブイベントとして、
屋外でのレクリエーション行事を企画・実施。

・開催回数:4回(5月、8月、9月、2月)
・参加人数:約40名

事業収支 収入 支出
項目 金額(円) 項目 金額(円)

自己資金

活動支援金

12,903

150,000

会場費等

交通・運搬費

広報費

資材費

84,000

39,688

15,320

23,895

162,903 162,903
8  
事業名 HIV/AIDSの自発的勉強会「AIDS STUDY」
団体名 ふれんどりーKOBE
実施時期 平成29年4月1日~平成30年3月31日
実施場所 三ノ宮駅周辺及び団体事務所
事業概要 1.街頭活動(広める活動)
神戸三宮エリアで街頭キャンペーンを4回実施。

 

エイズの感染状況や予防、神戸市の無料検査日程を
掲載したリーフレットをノベルティのポケットティ
ッシュとともに1,264セット配布。

また、市主催のエイズフェスタに出展。

2.研究活動
・HIV調査研究に関して勉強会を開催

3.HIV/AIDSに対する施策、研究等の調査
・日本AIDS学会への参加及びレポート作成

4.陽性者支援に関する研究
・プライバシー保護のためのガイドライン研究

5.WEBコンテンツの拡充
・陽性判明後必要と思われる情報を収集、
取りまとめてホームページから発信。

事業収支 収入 支出
項目 金額(円) 項目 金額(円)

自己資金

活動支援金

26,771

150,000

運営経費

消耗資材費

研究調査費

73,970

80,721

22,080

176,771 176,771
9  
事業名 ピアエデュケーション in 神戸
団体名 NPOひょうご思春期ピアカウンセリング研究会
実施時期 平成29年4月1日~平成30年3月31日
実施場所 神戸市看護大学、有野北中学校(神戸市北区)ほか
事業概要 1.思春期ピアカウンセラー養成講座の開催

 

看護系・福祉系の大学生・専門学校生等を対象に、
日本ピアカウンセリング・ピアエデュケーション研
究会の認定講師が、同研究会のカリキュラムに基づ
き、性やエイズをはじめとする性感染症についての
正しい知識とカウンセリング技術を研修。

講座には、講師のほかに既に思春期ピアカウンセラーの
認定を受けた学生が参加し、受講の支援を行った。

・ベーシックセミナー(30時間)
平成29年6月24日・25日、7月1日・2日

・フォローアップセミナー(15時間)
平成30年2月10日・11日

・場所:神戸市看護大学

・講師:高田 昌代(神戸市看護大学)、齋藤
啓子(関西看護医療大学)他

・受講者数:39人

2.思春期ピアカウンセリング・ピアエデュケーション活動

(1)大学におけるエイズ予防啓発活動

思春期ピアカウンセラーが大学の学園祭において
来場者を対象に、エイズ予防啓発活動等を行った。

・場所:神戸市看護大学
・月日:平成29年5月27日
・ピアカウンセラー参加数 4人

(2)中学校における情報提供・相談活動

思春期ピアカウンセリングの実践として、
中学生を対象に活動を行った。

①神戸松蔭中学校

・月日:平成30年2月13日(火)・20日(火)
・対象者:2年生4クラス 135人
・ピアカウンセラー参加数:12人

②有野北中学校

・月日:平成30年2月26日(月)
・対象者:3年生4クラス 159人
・ピアカウンセラー参加数:7人

③本多聞中学校

・月日:平成30年2月28日(水)
・対象者:2年生3クラス 117人
・ピアカウンセラー参加数:6人

事業収支 収入 支出
項目 金額(円) 項目 金額(円)

自己資金

活動支援金

47,038

200,000

カウンセラー謝金

講師等旅費

カウンセラー旅費

教材費等

会場費等

64,000

31,240

79,780

29,644

42,374

247,038 247,038
10 新規
事業名 KOBEエイズフェスタ2017への参加
団体名 NPOひょうご思春期ピアカウンセリング研究会
実施時期 平成29年5月1日~平成29年7月31日
実施場所 ディオこうべ内ディオドーム
事業概要 KOBEエイズフェスタ2017の中で、
エイズ啓発のための資料配布及び掲示を実施。

 

実施日:平成29年7月8日

(1)メッセージによるレッドリボン作り
・参加者によるメッセージを貼り付けることで、レッドリボンを作成。

(2)啓発資料及びコンドームをセットにして配布
・エイズ予防啓発のために、啓発資料としてのリーフレットと
コンドームをセットにして配布。

(3)エイズに関する掲示
・相談者との会話を基にした掲示
・エイズに関する知識のクイズ
・HIV検査に関する知識

事業収支 収入 支出
項目 金額(円) 項目 金額(円)

自己資金

活動支援金

10,871

100,000

旅費

資料・資材費

通信費

9,800

96,195

4,876

110,871 110,871
11 新規
事業名 KOBEエイズフェスタ2017 ブース出展
団体名 4大学連携推進センター
実施時期 平成29年7月8日
実施場所 ディオこうべ内ディオドーム
事業概要 HIV・エイズ感染症に関する啓発活動を実施。

 

(1)HIV・エイズ感染症に関する正しい情報伝達
  啓発パンフレットにより、感染症に関する知識・予防について説明・周知。

 

(2)感染症予防啓発グッズの配布
  「レッドリボン」の概念の周知のため、缶バッジ等を来場者に配布。

事業収支 収入 支出
項目 金額(円) 項目 金額(円)

自己資金

活動支援金

8,303

63,000

スタッフ旅費等

印刷代

資材費

18,390

3,420

49,493

71,303 71,303