平成24年7月「KOBEエイズフェスタ2012」  ~一緒に考え、想いを分かち合おう~

標題のイベントについて、下記のとおり実施いたしました。

名 称 KOBE エイズフェスタ2012
~一緒に考え、想いを分かち合おう~
目 的 神戸エイズ月間である7 月に、エイズに関するイベントをすることにより、エイズに関する知識の普及と偏見の防止を図ることを目的とする。
実施日時 平成24 年7月7日(土)11:00~16:00
実施場所 デュオこうべ内 デュオドーム(JR神戸駅南側地下)
主 催 神戸市保健所
共 催 エイズ予防サポートネット神戸
後 援 (公財)エイズ予防財団、兵庫県、西宮市、尼崎市、姫路市、神戸市教育委員会、神戸市医師会、神戸市歯科医師会、兵庫県看護協会、神戸市薬剤師会、神戸商工会議所、(財)兵庫県予防医学協会、朝日新聞大阪本社、産経新聞社神戸総局、毎日新聞神戸支局、日本経済新聞社神戸支社、読売新聞大阪本社、神戸新聞社、ラジオ関西、サンテレビジョン、NHK神戸放送局、(敬称略・順不同)
実施状況 ●ステージイベント
歌やダンスといった、来場を促し会場を盛り上げるステージの他、エイズ予防啓発DVD上映やエイズクイズ大会を実施し、正しい知識の普及に努めた。
●エイズ予防啓発にかかる展示
HIV/エイズの現状や予防方法などを紹介したパネルの他、神戸市での無料検査の流れ図やエイズに関するクイズについても展示を行った。また、エイズ予防サポートネット神戸から活動助成を受けている3団体がエイズに関する展示やアンケート調査等を行った。
●メッセージカードコーナー
来場者の方に、展示やステージ等を通じて感じたことや想いを、開催日の七夕にちなんで、短冊状のメッセージカードに書いてもらい、笹やボードに掲示した。
●パンフレット・グッズ類の配布
神戸市やエイズ関係団体の作成したパンフレットやグッズの配布を行った。
●募金活動
来場された方より会場の募金箱に5,194円の浄財を寄付いただき、後日、全額をエイズ予防財団に寄付した。
来場者数 約1,500人
入場料 無料
告知用ポスター

kobe_festa2012

エイズフェスタ2012 当日の会場風景

成24年7月7日(土) 11:00~16:00
会場:デュオ神戸内 デュオドーム(JR神戸駅南側地下)

●会場

7月7日の七夕の日に開催した「KOBEエイズフェスタ2012 ~一緒に考え、想いを分かち合おう~」七夕にちなんで笹をあしらったコーナー等も設け、楽しく過ごしながら、エイズについて考えてもらえるような会場を目指しました。
(※画像はクリックすれば拡大されます)

001 002 003
007 019 027

●ステージイベント

会場の中心となったメインステージでは、あのターザン山下さんをMCに迎え、歌やダンスの迫力あるステージが繰り広げられました。「KOBE BOYS(コウベボーイズ)」、「神戸大学アカペラサークルGhannaGhanna(ガーナガーナ)」といったアカペラグループ、アニソンユニットの「ゆあみ!」、ダンシングチームの「KIRARA」に、パントマイムの「とりおとおる+C」と、様々なジャンルのグループによる熱気溢れるステージングに、大勢の来場者の方も一緒に盛り上がることができました。また、「エイズ予防サポートネット神戸」からは「ポーポキピースプロジェクト」の皆さんによる、エイズによる差別防止をテーマにした劇が上演されました。

049 022 025 021 023 028

●レクチャーステージ

もちろん、楽しいステージの合間には、エイズ予防啓発に関するステージイベントも行いました。まずは、エイズ予防や治療に関して名高い、独立行政法人大阪医療センター臨床研究センターエイズ先端医療研究部長の白坂琢磨先生を講師に迎え、レクチャーステージを行いました。白坂先生も監修に参加しているDVD「本気でコンドーミング『HIV予防と最新治療』」を上映し、その後、MCのターザン山下さんとエイズに関してのトークが行われました。近畿圏での感染の実情や予防のための日常での注意点、そしてHIV陽性者や患者の方へ配慮すべき点等をわかりやすく説明していただきました。また、ステージでは「知っ得!AIDS HIV クイズ大会」も実施。会場の皆さんにエイズに関するクイズを出して答えてもらい、正しい知識を学んでもらいました。MCのターザン山下さんの楽しくわかりやすい進行もあって、会場も盛り上がり、回答者の方にはトートバックいっぱいのエイズ予防啓発グッズを差し上げました。

002 003 005

●パネル展示

会場では、HIV/エイズの現状や予防方法などをわかりやすく紹介したパネルやポスター等の展示も行いました。他にも、なかなか人には聞きにくいHIVの無料検査の受け方を、写真入りで詳しく説明した検査案内や、ステージでも実施したエイズに関するクイズについても貼り出しました。ステージイベント等からパネル展示にも興味を持ってもらい、続けて見てくれる来場者の方も多かったようです。

044 018 016 017 020 015
 

●「エイズ予防サポートネット神戸」による展示

「エイズ予防サポートネット神戸」は、エイズと性感性症の予防を推進し、HIV陽性者と共に生きる地域社会の実現を図るために活動している会です。当日は「エイズ予防サポートネット神戸」から活動助成を受けている「ふれんどりーKOBE」、「LGBTプライド甲子園」、「ポーポキピースプロジェクト」の3団体の皆さんが、エイズ予防や啓発に関する展示やアンケート調査等を行いました。

033 031 040 032 034 044

●メッセージボード

来場された方々には、エイズフェスタのステージや展示を通じて感じたことや想いを、開催日の7月7日の七夕にちなんで、短冊状のメッセージカードに書いてもらい、笹やボードに飾ってもらいました。また、書いていただいた方には、エイズフェスタのロゴの入ったミニタオルや、エイズ相談窓口の連絡先の入ったボールペンといったグッズをプレゼントしました。笹をあしらったメッセージボードは、書いていただいた方はもちろん、それ以外にも通りがかった多くの方々の目を引き、書いていただいたメッセージを多くの人に発信することができました。

035 010 011 012 013 024

●パンフレット、募金コーナー

HIV/エイズに関するパンフレットや書籍・コンドーム・神戸市保健所で実施しているHIV無料検査の案内カード等を無料で配布するコーナーも設置しました。興味を持っていただき、パンフレットを手に取った方の中には「名前は知ってたけど、エイズのことって今まで全然わかってなかった」という方もいて、こういったイベントをきっかけに正しい知識を身につけてくれる人が増えてくれれば嬉しい限りです。また、コーナーの一角に設置した募金箱には、当日だけで5,194円の浄財をいただきました。募金いただいた方にこの場を借りてお礼申し上げます。これらの募金は公益法人エイズ予防財団に寄付させていただきました。寄付はエイズに関する正しい知識の普及啓発等に使われます。 

014 040 006