『KOBEエイズフェスタ2017』2017年7月8日(土)に開催します!

「KOBEエイズフェスタ」は、平成17年7月に「第7回アジア・太平洋地域エイズ国際会議(ICAAP)」が神戸で開催されたことを記念して、毎年7月を「神戸ICAAP記念エイズ月間」と定められたことをうけ、この月間に行われる種々のエイズ対策の一環として実施しているものです。

イベントタイトル

KOBEエイズフェスタ2017  知っていても、分かっていても AIDS IS NOT OVER

開催日時

平成29年7月8日(土曜) 11時~15時

開催場所

JR神戸駅地下 デュオこうべ内 デュオドーム

イベント内容
  • 大学生らによる企画コーナー「一緒にエイズについて考えてみませんか?」
    ポーアイ4大学連携推進センターの学生ボランティアによる感染症に対する意識調査神戸市看護大学生ボランティアによる大きなレッドリボン作り
  • パネル展示・ポスター展示・NPO活動紹介等
    HIV/エイズの日本および世界各国の現状や予防方法、実際の検査の流れなどをわかりやすく紹介
  • 検査の受け方
    検査の方法についてわかりやすく説明
  • メモリアルキルト展示
  • 検査カード配布
入場料

無料

告知チラシ

平成27年度神戸市世界エイズデー記念講演会を12月2日に開催しました!

平成27年12月12日(水)に神戸市教育会館で平成27年度神戸市世界エイズデー記念講演会を開催しました。今年は高齢者支援をしている高齢施設職員やケアマネージャー、訪問看護師等を対象に神戸大学医学部付属病院の岩田教授から「HIV/エイズの診療現場で感じること」というテーマでご講演いただきました。岩田先生のHIV/エイズへの熱い思いや現場で感じる感染症対策へのもどかしさが伝わる熱のこもった講演となりました。

以下(参考)開催案内チラシです。

※チラシのPDF表示はここをクリックしてください
画像をクリック頂くと拡大します。
1

平成26年度 神戸市世界エイズデー記念フォーラムのお知らせ

平成26年度 神戸市世界エイズデーバナー

開催の趣旨

世界エイズデー(World AIDS Day:12月1日)は、世界レベルでのエイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的に、WHO(世界保健機関)が1988年に制定したもので、毎年12月1日を中心に、世界各国でエイズに関する啓発活動が行われています。

神戸市でも毎年記念講演会等を実施しています。

今年のテーマは「若者とエイズ」。これから社会に出て行く若者たち・彼らを支援する立場の大人たちにそれぞれの立場での今、そして今後のHIV/エイズに関する思いを語ってもらいます。そうすることで、HIV陽性者支援に関する理解・支援の輪を広げていきたいと思います。

一般の方もご参加下さい。お申し込みをお待ちしています。

日時

平成26年11月30日(日)
14時~17時

場所

神戸市役所4号館1階
危機管理センター本部員会議室

会場地図

内容
  • HIVの発生状況や診療の現状について(報告)
  • ディスカッション(医師・大学生・大学教員による)
  • HIVに関する支援事例紹介(講演)(NGOによる)
定員

先着75名(要予約)

参加費

無料

申し込み方法

PDFファイルの裏面を印刷のうえ、必要事項をご記入いただき、神戸市保健所予防衛生課までFAX(078-322-6763)にて申し込み下さい。(申込期限:11月27日(木曜)まで)

 チラシ&お申込み用紙はこちらからダウンロードして下さい。
h26_sidsday